AGA治療にはミノキシジルが効く!という噂は本当なのでしょうか?

AGAに悩んでいる男性に今人気の薬があります。それはミノキシジルタブレットです。これはもともと高血圧の薬として血圧が高い人の血圧を下げるために作られた薬です。しかし副作用として毛が生えてきたことがわかったので今はAGA治療に使っています。

AGA治療にはミノキシジルが効く!という噂は本当なのでしょうか?

■ミノキシジルはもともと
ミノキシジルは先ほども紹介しましたが、もともとは高血圧の薬でした。高血圧の患者さんの血圧を下げるために作られた薬でした。しかし高血圧の治療としてミノキシジルを飲んでいた患者さんに共通しておきた副作用として多毛症という症状が出てきたのです。

参照■飲む育毛・発毛剤『ミノキシジルタブレット10mg』の個人輸入ならアイドラッグマート http://www.idrugmt.asia/kaizen/noxidil10.html

そのことがミノキシジルが発毛に関係があるのではないかと言われるようになったきかっけです。そして塗り薬としてAGA治療に使用されるようになりました。ミノキシジルの塗り薬として日本でも処方されている種類では、ロゲイン、リアップが有名でしょう。

ドラッグストアなどでも手に入れることが可能です。ですが本来は、飲み薬として作られているということを忘れてはいけないのです。

■頭皮からは吸収されない
実際はミノキシジルというのは頭皮から吸収されることがあまりありません。直接塗ったとしても吸収されないのです。それなのに塗るタイプのものが販売されていますが、効果はやらないよりはあるかもしれませんが、実際はそれほど効果がないのです。

半年以上は続けなければいけないとされているために半年使い続けている人も多いですが、実際のところ目に見えた効果が現れているという人はとても少ないのです。頭皮は体に備わるもともとの防御バリアがありますので、単純にミノキシジルを塗っただけでそこから吸収して毛髪が映えるということはないのです。

毛根まで届くにはかなり厳しいのです。しかしミノキシジルタブレットならどうでしょうか。口から経口摂取しますので、毛根までしっかりと運ばれるというわけなのです。

■副作用は?
副作用がないのか気になりますね。経口摂取するということは髪の毛にだけ桜花があるわけではなく全身の毛根にしっかりと運ばれていきます。ということは、全身の毛が必然的に濃くなってしまいます。髪の毛のみならず別に濃くならなくてもよい場所でも濃くなる副作用があります。

確実に多毛になるという特徴があるのです。どの部分の毛が多毛になるのかというと、多くの人は腕の毛、スネ毛が増えてきたとの報告があります。また今まで生えていなかった胸にも毛が生えてきたという人もいます。濃くなるとはいっても、毛むくじゃらになって顔がわからないほど毛が生えるというわけではないので大丈夫です。

これまでに比べると生えてくる程度です。

■多毛以外の副作用について
ミノキシジルタブレットを服用した場合の多毛以外の副作用についてここでは見ていきましょう。高血圧の薬で高い血圧を下げる効果がありますので血圧が下がる副作用があります。そのため血圧がもともと低い人は注意しなければいけませんし、高血圧で血圧を下げる薬を飲んでいるという人は、注意しなければ行けません。

倦怠感や眠気を感じる人もいるとのことです。なぜ倦怠感を感じるのか、それは肝臓で薬を代謝しているので、肝臓に負担がかかっているからなのです。肝機能が下がるとだるさなどを感じることがありますが、その影響です。AGA治療にも使用されているミノキシジルタブレットはよく理解した上で利用しましょう。

副作用や効果をわからないまま利用していると危険です。